プリンターの純正インクと社外品の違い

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プリンターを使う時に気になるのがインクトナーの消耗とそれに伴うコストです。購入する時に気になるのが導入コストですが、使い続けているうちに消耗品のインクトナーにかかるコストがかさんでくるという方に人気なのが、社外品です。
本体を購入した時には純正品がセットされていますが、確かに純正品は非常に高精細な印刷をすることが出来ますが廉価な機器の場合でも全色揃えると数千円かかりますので、そのコストが気になるという声は多く見られます。社外品を使うメリットとしてはその値段の安さです。純正品を購入すると1セット当たり3,000円から5,000円程度かかりますが汎用品や社外品と呼ばれるものなら半額以下で購入することが可能で、セットで1,000円以下のものもあります。

インターネット通販でお得に購入

プリンターに使うトナーの選び方は、家電量販店やディスカウントストアなどで購入することが出来ますが、最もお得に買うならインターネット通販を利用するのが得策です。インターネット通販で購入できるトナーにもいろいろな種類がありますので、販売実績のある信頼できるショップで購入するのが良いでしょう。
カートリッジは一色から購入することが可能で、送料を安く抑えてあるお店を選ぶと数百円で購入することが出来ますし、全色セットで買っても1,000円もかからないお店も多くありますので頻繁に印刷をするという方には最適のサービスと言えるでしょう。汎用品は家電量販店でも販売されていますが、たくさんの種類の中から評判の良いものを選びたいならインターネット通販がおすすめです。

人気の商品を購入するメリットとは

印刷のクオリティの高さを求めるのであればプリンターと同じメーカーのものを使うのが最も綺麗に印刷できますし万が一故障した際にもサポートの対象になりますが、少しでも安くプリントしたいというのであれば価格を優先してリサイクルトナーと呼ばれる商品を検討してみてはいかがでしょうか。
最近ではリサイクル品といってもメーカーのものとほとんど遜色ない印刷のクオリティを保っているものも多くあります。印刷物を比較した場合リサイクルトナーとはわからないくらい綺麗な印刷をすることも可能ですので使ったことがない方は試してみてはいかがでしょうか。インターネット通販では人気の商品の場合数百件から数千件程度のレビューがあるものも少なくありません。実績のあるお店で扱われている商品なら安心して利用できます。