清須で新築物件に人気が集まる理由とは

愛知県清須市は、名古屋市に隣接する街ですが、交通の利便性も高く、近年、名古屋市のベッドタウンとして人口が増えています。比較的平坦な地形であることから、住環境としては良好で、分譲住宅をはじめマンションなどの建設も進んでいます。
マイホームの購入を検討している、働き盛りの30代から40代の人にとって、都心に住まいを持つことは、一つの夢ではありますが、地価が高騰している上、建築資材も値上がりをしている状況では、あまり現実的ではありません。特に高品質な新築物件を安価で探すことは、極めて困難であり多くの時間を費やしてしまうことも少なくありません。
その点、都心に隣接している地域で、交通網が整備されている街であれば、リーズナブルな価格で住まいを探すことができますし、老後も安心して暮らすことができます。

住宅事情と幅広い人気の理由について

清須は徳川家康に切り開かれた街として有名ですが、温暖な気候と豊かな河川に恵まれ、非常に暮らしやすい住環境にあります。名古屋市に隣接していることもあり、多くの住宅が建ちなんであり、人口も年々増加気候にあります。
名古屋市で勤務している人が、この地でマイホームの購入を検討していることも多いため、宅地造成が進んでおり、注文住宅や建売住宅など、一軒家の建築が多いことが特徴です。ここ数年は、物資や人件費の高騰により、注文住宅が値上がり傾向にあることから、建売住宅に人気が移りつつあります。
また、平坦な街並みであることから、実年層の方の住宅購入も目立っており、30代から60代まで、非常に幅広い年代の方から支持を得ている街であり、住宅を購入するには良い環境だと言えます。

新築と中古をランニングコストの面から比較

住宅を購入する際、中古物件にすべきか否かは多くの方が悩む問題です。その大きなポイントは価格ですが、物件の価格だけに注目するのではなく、10年後、20年後を見据えたランニングコストを含めて検討することが得策です。
一軒家の場合、購入前に屋根や外壁、水回りといった箇所の修繕費用を考えておかなければなりません。これらの箇所の修繕は、一般的には15年から20年で必要と言われています。また、その費用は100万円以上となることも少なくありません。中古物件の場合、修繕までの期間が短くなりますから、その分、積み立てる期間が短くなりますので、その分、月々の積立額が増えていくことになります。
こうして考えると、物件そのもの価格は高額でも、新築物件の方がトータルでは安価になる場合もありますので、新しい物件に人気が集まる傾向にあります。